よみがえる水
 
トップ >しらべてみよう水 −体験型環境学習実施−
しらべてみよう水 −体験型環境学習実施−
しらべてみよう水 −体験型環境学習実施−

 令和元年10月10日(木)さぬき市立さぬき南小学校で4年生37名を対象に、環境学習を実施した。 座学講座では、地上にある使用可能な水の量、水の循環、汚れた水をきれいにしてくれる浄化槽や微生物について、当協会オリジナルのテキスト『よみがえる水』やパワーポイントを用いたスライドを視聴しながら説明を行った。実験講座では近くに流れる川の上流と下流の水をCODパックテスと透視度計を用いて汚れの差を比べてみた。 実験の結果から、上流と下流であまり差がなく両方ともきれいであることが分かった。きれいな川を維持するために自分たちでできることを考えてワークシートに書き込んだ。 この環境教育は、香川県環境森林部環境政策課が実施する「体験型環境学習プログラム実施事業」の一環で、平成28年度より体験型環境学習プログラム実施団体として当協会が実施しているものである。




表紙